ノコギリヤシとは

ノコギリヤシの口コミとランキング
厳選&比較

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシ(Saw palmetto)は、Serenoa repensなどとも呼ばれるヤシ科シュロ属の低木植物で、植物で葉がノコギリのような形の細かく鋭いトゲで覆われているところから、このような名前が付いているものです。
ノコギリヤシは、9月から1月にかけて直径2cmほどのオリーブの実のような型をした赤黒い果実をつけます。
この果実には、食用や薬用だけではなく燃料用に利用されるほど多量の油性物質が含まれています。

アメリカの先住民族であるインディアンは、古くからノコギリヤシの果実が健康維持や強壮作用に効果があると経験的に知っていて食用にしていたといいます。
また、中国でも古くから泌尿器疾患だけではなく強壮や利尿への効果が知られており、棕櫚子(シュロシ)の名で実の部分を漢方薬として利用されてきました。
ノコギリヤシの果実が泌尿器の疾患に効くという研究発表は、すでに1892年に米国のA・マーシーによってなされていました。

しかし一気にヨーロッパの医学界の注目を集めたのが、1990年のフランスのシャンポール博士による前立腺肥大症への大きな効果についての報告です。
現在、複数の臨床研究によってノコギリヤシの摂取が頻尿、残尿感、排尿痛などを改善することが確認されるとともに、天然の成分であることから副作用が少ないという利点があり、イタリア、フランス、スウェーデン、ノルウェーなどでは医薬品として使われています。
日本ではまだ薬としての利用が認められていませんが、ノコギリヤシを使った製品としてサプリメントやドリンク、育毛シャンプーなどが販売されており人気を集めています。

トップに戻る