ノコギリヤシの摂取方法と摂取量

ノコギリヤシの口コミとランキング
厳選&比較

ノコギリヤシの摂取方法と摂取量

ノコギリヤシは、イタリアやフランスなどのように医薬品として認められていませんので、錠剤・アンプルのサプリメントかエキスのパウダーで栄養補給食品として摂取します。
サプリメントによる摂取方法が一般的で、パウダーは料理に入れたり牛乳や豆乳で割ったりして摂取されていますが、消費量として少ないのが現状です。
サプリメントはノコギリヤシだけではなく、そのサプリメントの効果をより高めるためにさまざまな成分が配合されています。

それらの成分には、健康維持・男性機能、前立腺肥大の予防・改善、抜け毛予防・育毛といった効果を高めるためにセサミン、リコピン、ビタミンE、カボチャ種子エキス、ミレットエキス、パルテノライドなどがあります。
従って、摂取目的にあった成分が配合されたサプリメントを選ばなければ、せっかく配合された成分の効果を活かすことはできません。
摂取量についてアメリカでは1日500mg、ドイツでは1日320mgといわれますが、世界的な摂取基準や日本での摂取基準はないようです。

しかし、それぞれのサプリメントには嘔吐、便秘、下痢、腹痛などを発症させないで一番効果があるとする摂取量が設定されています。
それは、サプリメントのケースや容器に記載されていますから、それに従うことが必要です。
効果的なのは、1日当たり200~320mg摂取することだと言われています。

トップに戻る